薬剤師の人生設計~安定した人生をおくれるのか検証~

シェアする

薬剤師の方で、あるいはこれから薬剤師を目指す方にとって、今後どれくらいの年収を稼ぐことができて、どのような生活を続けていけるのか、漠然と気になっている方は少なくないでしょう。
結婚や子育て、家を買うなど今後様々なシーンを想定して人生設計をしたい方は多くいらっしゃいます。
人生設計=ライフプランをきちんと立てるためにも、自身のいるポジション、将来像というのをしっかりと把握できるようにしましょう。

薬剤師の平均年収は530万円程度

仕事をするにあたり、年収というのはひとつの大きな基準となります。
薬剤師の全体的な平均年収を見てみると、概ね530万円前後で推移しています。独身の生活で考えれば十分なレベルの所得です。しかし、いずれ結婚し家庭を持ち、子供を育てるつもりであれば、人によってはより高い年収の生活水準でいたいと考える方もいるでしょう。
そういった方は、何歳にどれくらいの年収でいたいかをライフプランとしてまとめ、それにあった昇進や転職を準備しておく必要があります。

職場を変えることも考えよう

薬剤師の全体的な平均年収は530万円程度ですが、業種で比較するとより多くの収入を稼げている業種もあります。
多くの薬剤師の方が働いている職場は、調剤薬局やドラッグストアですが、店長クラスに昇進すれば、年収600万円や700万円になることも多いでしょう。
薬剤師が活躍する職場のなかで給与条件が良い例としては、製薬会社がありあます。なかには、年収800万円や1000万円以上を稼げている方もいる業種です。しかし、製薬会社は能力主義の会社が多くシビアに評価される傾向があり、それなりの努力も必要となります。

配偶者と共働きにして年収アップを狙う

結婚して子供ができたとしても、共働きの状況にすれば、その分年収もアップしますので生活面で余裕が出てきます。 薬剤師は職場復帰しやすいため、そういった可能性も十分考えられます。その際、家庭に入るため一度退職するのであれば、復帰する職場をどのような職場にすべきかは、事前に想定して退職したほうが復帰がスムーズです。また、すでにリタイアした人であれば、自分のライフスタイルに合った企業選びを多少時間がかかったとしても慎重に行いましょう。無理に給与面だけで決めてしまうと、家庭と職場の両立が難しくなります。

薬剤師の安定感は魅力的

一般的に、結婚相手として薬剤師はかなり高く評価される傾向があります。その理由としては、経済的に安定した生活ができると考えられているから、というのが大きな一つとして挙げられるでしょう。
薬剤師の仕事は基本的に日本全国どこでもあります。調剤薬局やドラッグストア、病院は全国で開業していて、薬剤師免許があればどこでも就業できるからです。もちろん、企業や店舗によって多少は仕事内容に違いがありますが、基本的な業務はどこに行っても変わりません。そのため、配偶者が転勤することになっても、或いは子育てが一段落して職場復帰する話になっても、新天地で薬剤師としての仕事が見つけやすいのです。
さらに、薬剤師のような医療関係の仕事は、景気の良し悪しに影響されることなく一定のニーズがあります。 薬剤師は就職に困りにくい職種と言えます。。そういったことをふまえ、ライフプランを考えると、薬剤師は将来性のある職種といえるのです。

このように年収や待遇面をふまえて薬剤師という職業を考えたとき、ご自身のライフステージに合わせて様々な選択肢が考えられることが分かります。
だからこそ、少し先を見据えて、将来像に向けたライフプランニングが大切となるのです。特に退職、転職、職場復帰はご自身だけで考えるのではなく、薬剤師のライププランニングに詳しいプロのキャリアコンサルタントに相談するのが一番良いと言えます。そうした事情からも、まずは薬剤師の転職サイトに登録し、キャリアコンサルタントに一度相談してみても良いかもしれません。今すぐ転職を考えていなくても、来るべき日に向け活動を続けることに意義があります。登録は無料ですので、気軽に試してみましょう。

オススメの薬剤師向け転職サイト

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

薬剤師の求人・転職ならファルマスタッフ

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円のお祝い金】

いずれも登録無料です。薬剤師としての自身のキャリアプランや理想の職場をよく理解し、共に転職先を考えてくれるキャリアコンサルタントは心強いパートナーです。ぜひ、一度転職サイトへご登録してみてください。