【在職中の薬剤師】効率的に転職活動を成功させる方法

シェアする

薬剤師の方で、在職中に転職活動を始めたいと考える方は多いでしょう。
結婚や出産などで一度退職しているならともかく、通常、転職は現職から別の職場へと鞍替えしたい場合に行う活動です。

働きながら転職活動するのは時間的に制約を受けるだけでなく、精神的にも負担がかかります。しかし、一方で今すぐ転職しなくても良いので、その分、じっくり条件の良い転職先を探せるという大きなメリットもあります。

そこで今回、在職中に転職活動する際に、負担を減らしてより効率的に活動が出来る方法を、まとめてご紹介します。

在職中の転職活動を効率的に行う方法

転職活動を効率的に行うための5つの方法をまとめてご紹介します。

週一回の休日に面接を集中して入れる

薬剤師専門の転職サイトで専任のキャリアコンサルタントに相談すれば、自身が在職中であり、転職活動にあまり時間が割けないことを理解してくれるでしょう。依頼すれば週一回の休みが取れる日に、面接を集中して入れてもらうことも可能です。

高めの希望条件で応募先を減らす

希望条件で転職先を探そうとすると、意外と魅力的な企業が多く見つかってしまい、あれこれ悩んでしまいます。
在職しているのであれば、焦って転職先を探す必要はありませんので、そういったときは思い切って希望条件のハードルを上げてみましょう。
面接はそもそも週一回しか行えなかった場合、最大でも3件ほどしか入れ込めません。長期化することを念頭に、最初は条件を高めに設定しておき、絞り込んで応募することをオススメします。

履歴書はパソコンで。テンプレートを用意

手書きの方が誠意が伝えわるとも言われている履歴書や職務経歴書ですが、実のところ最近ではあまり関係なくなってきています。それよりも、書かれている内容の方が重要です。在職中で時間がないなか、毎回手描きで履歴書を書いているのはさすがに時間がないでしょう。いっそ割り切ってワードやエクセルで下記、都度プリント合うとするようにしておくと便利です。またテンプレート化しておけば、応募する度に調整したり修正したりと便利です。面接を重ねるたびにブラッシュアップできるでしょう。

キャリアコンサルタントから転職先の特徴を聞き出す

時間がないときは、キャリアコンサルタントをフル活用するのが鉄則です。特に、質疑応答や会社の概要、どういう人材を希望しているのか、などの情報は事前にヒアリングできますので、転職先のサイトを見て自己学習するだけでなく、キャリアコンサルタントに聞くことで出来るだけ余計な時間をかけないようにするのも手です。

転職先との給料交渉

転職先の企業と面接を重ね、ある程度内定の感触がでてきたところで雇用条件が提示されるでしょう。そういった際の条件交渉は、キャリアコンサルタントを通して行うのが望ましいでしょう。余計な時間を取られることもなく、相手と直接交渉しないことで、互いの心象を悪くすることもありません。

在職中の場合は、どうしても活動時間に限りがあります。あれこれ悩む前に、まずは薬剤師専門の転職サイトへ登録し、専任のキャリアコンサルタントへ相談してみましょう。そこから道は拓けていきます。

オススメの薬剤師向け転職サイト

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

薬剤師のための無料転職相談 「マイナビ薬剤師」

薬剤師の求人・転職ならファルマスタッフ

薬剤師の転職ならジョブデポ薬剤師【最大40万円のお祝い金】

いずれも登録無料です。薬剤師としての自身のキャリアプランや理想の職場をよく理解し、共に転職先を考えてくれるキャリアコンサルタントは心強いパートナーです。ぜひ、一度転職サイトへご登録してみてください。